「寝言」だって・・・

すばる家の平日は、
18歳息子が寮生活に入ってからというもの、
明らかに「消灯時間」が早まっている。

中1娘は、
運動不足の小学生生活からの脱皮をはかるべく、
まだまだ修行を始めたばかり。

夜更かしなどできるほどの体力が残っていないらしい。

夕べも、10時前に、そろって寝入ってしまった。


・・・・・・・



ごほっ!!

ぐえっ!!

ぶふぉっ!!

う゛あ~っ!!

ぐるじぐででぶれだい~っっっ!!!




突然、娘の叫び声に叩き起こされた。



なんなんだ?!



そういえば、晩ご飯の時から、
ちょっと軽い咳をしていたな。
それにしても、ひどすぎないか?


「だいじょうぶ?」

「・・・・・」

「のど、痛いの?」

「・・・・・」

「眠れないの?」

「・・・・・」

返事が無い。



・・・どうやら、眠っている・・・。



時計は、1:30 だった。



・・・何だったんだ・・・・
と思いつつ、すばるも眠りに堕ちた。



そして、再び。


ごほっ!!

ぐえっ!!

ぐるじぐででぶれだい~っっっ!!!

はだが、づまっでどぅがら~っ!!!!



真夜中に叫ぶ娘。
尋常でない・・・気がする。


「鼻がつまって苦しいのね?!
 解ったから、ちょっと待って!」

真っ暗な部屋で、大急ぎでPCを立ち上げる。


検索・検索!!


すばるの頭に浮かんでいたのは、いつか見たTVのシーン。
確か、ペットボトルを使って、鼻づまりを解消できるって言ってたぞ・・・・



・・・あった・・・。



脇の下でペットボトルを挟むと、挟んだ反対側の鼻づまりが治るらしい。

ついでに見つけた

「鼻を温める」「鎖骨を叩く」

よし。これも試してみよう!!



「ほらほら、これで良くなるから・・・」

ペットボトルを脇の下に押し込む。


「・・・い・・・いたい・・・・ってば」


「んじゃ、こっちだ。ほれほれ。」

熱湯で暖めたハンドタオルをビニール袋に入れて、顔の真ん中へ。


「あぢぃっ・・・」


「熱くないっ!ちゃんと冷ましてあるんだから。」


とんとんとんとんとんとんとん・・・。
鎖骨を叩く・・・って、こんなでいいのか?


「ひゃ・・」


「痛かった?」


「きもちいい~」


・・・そうなんだ・・・へぇ~。


とんとんとんとんとんとんとん・・・・

「・・・・・」


「・・・・・」


「・・・・・」



あ。寝てるし・・・・。


時計を見上げると、2:50 だった。


そして、今朝。

娘は、この一連の騒動を、全く覚えていない。

おいおい。
あれだけ叫んで起こされたのに、
あれはただの「寝言」だったって・・・・・・

この記事へのコメント

2010年05月31日 12:56
我が家の子供達にも夜中によく起こされて、色々振り回されていますが……、中学生の娘さんでもこういうことってあるんですねぇ。
しかし、鼻づまりに鎖骨……、無関係のようで効果があるんですねぇ。面白いものです。
2010年06月07日 23:03
rikkyさん、コメントありがとうございます♪

我が家は寝室が全員一緒なので、娘にも息子にも、よく寝言で起こされます
今回は「娘の鼻づまりには鎖骨を叩く」という対処法を発見できたので、よしとしましょう。

この記事へのトラックバック