金の斧 銀の斧

湖に大切な斧を落としてしまったきこりの男が、金の斧・銀の斧を持って現れた女神に

これがお前の斧か?と聞かれ、正直に、鉄の斧だと答え、

金・銀・鉄。全ての斧をいただけた・・・・というお話。



先週、

行事が重なり、実家へいけなかったすばるの代わりに

息子が爺・婆の様子を見に行った。



着くなり、

「あら~久しぶり♪お小遣いあげなくちゃね」

と、婆から、1万円をいただいたらしい。



話などをして、昼食時、

「・・・あら。お小遣いあげてなかったわね~♪」

と、さらに1万円札を出されたらしい。

「いやいや、さっき、もらったから。」

と、息子は辞退したらしい。




さて、

夕方になり、帰ろうとすると

「あっ!!お小遣いあげなくちゃねぇ!!」

と、

あわてて1万円札を差し出す婆。

息子は

「モウ、3回目だし・・・最初にもらったからいいよ。」

と、断ったらしい。




婆は

「あら、そうなの・・・?ずいぶん正直者なのねぇ♪受け取っておけばいいのに・・・」

と、笑っていたらしい。




お前を「正直者」に育てておいて、よかったよ。

すばるは思うのであった。

"金の斧 銀の斧" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント