大丈夫?

母が骨折してから、5日が経過した。

様子を見に行けないすばるは、とりあえず、毎日電話で安否確認である。

だいぶ前から耳が少し遠くなってきたせいか、

ここ数年、実家に電話すると、決まって受話器を取るのは父であった。

だが、

今は、母がまた出るようになった。


「あら。すばる。」

「どう、変わりないの?」

「ん~・・・痛いわね。」

「折れちゃったからねぇ」

「まぁ、2.3日はムリよね~」

「もうちょっと、ムリかもね~」


いつ話しても「2.3日」と言う母。


それでも、「痛い」と言うだけ、進歩である。

始めは、痛みさえ自覚が無かったのだから・・・。


受話器の向こうでは、

トントン・・・と、まな板の音がしている。


母は上機嫌で

「今ね、お父さんがカレー作ってくれているのよ」

と、報告。





昼間、姉から電話があった。

市役所で相談した結果、いい医院があるらしい。

すぐにでも受診に連れて行きたいが、

父が、まだ、その必要は無いと、受け付けないそうだ・・・・。



日々を共に過ごし、

暮らしているのは父自身。

父を傷つけないように説得するのは、大仕事になりそうだ・・・。


大丈夫じゃない事は、充分解かる。

けれど、

むやみに急いでは危ない。



できることなら、

骨折の痛みが消えていくように、母の神経ももとに戻って欲しいものだが。

難しいだろうなぁ・・・。

"大丈夫?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント