ブラックコーヒー

すばるは、甘味のある飲み物が苦手である。

甘い食べ物は大好きなのに、

甘い飲み物は受け付けない。

飲んだとたんに、胃が、ズーン・・と、重くなってしまうのだ。


自販機で買うのは、

もっぱら、お茶か、ブラックコーヒーである。



ところで、



会社の隣席の方から、ブラックコーヒーをいただいた


「すばるちゃん、飲む

「えっ いいんですか

「これ、ミルク入ってるみたいだからさ・・・・



すばるの職場には、健康に気を使わざるをえない状況の方が多い。

・・・・平均年齢が高いこともあるのだが・・・・。


会社の隣席の方も、カロリーと糖分には、大変敏感である。


画像




だけど・・・これって「ブラックコーヒー」ですよねぇ・・・



何故に、「ミルク入り」と思われたのか・・・


理由はコレ。

画像




「乳化剤」という表示だ。


「乳化剤」は、「ミルク入り」とは違う気がする・・・・・



しかし、

いまひとつ、よく定義がわからないすばる。


よし。

解からない事は、聞いてみよう


・・・と、いうわけで、

缶に書かれていた「お客様センター」へ、即電話


言っておくが、すばるは決してクレーマーなどではない。




結果。

「コーヒー豆は抽出の際、油分が含まれております。それが凝固して分離することを防ぐため、乳化剤を使用しております。ミルク等とは全く異なったものでございます。」

という返事。



な~るほどね~。



隣席の方にもその旨お伝えし、

今回はありがたくご馳走になったすばるでした。

この記事へのコメント

2010年05月19日 21:51
ブラックコーヒー好きですが、
「乳化剤」には気が付きませんでした。

原材料なんでて気にした事がないなぁ・・・
勉強になりました。
2010年05月20日 23:14
ゴミの管理人(ぶ)さん、コメントありがとうございます♪

電話で話を聞いてスッキリしたのですが・・・。
改めて、「油分」がありつつ、カロリー0って何でだろう
という疑問に突き当たってしまいました・・・
2010年05月21日 13:11
勉強になりました。
なるほど、さらに調べてみたら缶コーヒーに使用される乳化剤はホモゲンという物質のようですね。
油と水は分離しやすいのでこれを混ざった状態に保つ働きをするのがホモゲン等の乳化剤というわけらしいです。

ちなみに、カロリーゼロという表現は、飲料100ml(食品の場合は100g)あたり→5kcal未満であれば「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」と表示することができると法律で決められているので、カロリーが全く無い、という意味ではないようですよ。

ついでにカロリーについても調べてみました(ネットで調べられるのは便利ですね)
生理的熱量(栄養学における熱量、エネルギー)をカロリーと表現しているわけですが、生体に吸収できない油はカロリーと表現されないことに…。健康エコナとかありましたよね?ノンカロリー食品にはこんなからくりがあるのです。

まあ、コーヒー自体はブラックの場合ゼロカロリーだといわれていて、少量の油を含みますが機械で計測できない程度だということなので、「コーヒーの油分」を気にされる必要はないのでは?
2010年05月24日 22:20
rikkyさん、コメントありがとうございます♪
とっても、rikkyさんらしいコメントで、思わず嬉しくなってしまいました

こちらも勉強させていただきました♪
「カロリーゼロ」って、そういう事なんですね

この記事へのトラックバック